qmail サポート終了、Postfix へ移行のご案内

qmail サポートの既存サーバーへの特別措置終了と Postfix への特別移行プログラムのご案内です。

■ 経緯と特別措置終了について

qmail は、1998年に本家がサポートを終了した過去のメールサーバーソフトウェアです。
当サービスの保守契約ユーザー様には、qmail サポート終了を約1年前にご連絡しており、特別措置として既存サーバーに限り、保守・障害対応を行ってまいりました。

お早めに postfixへの切り替えをご検討くださいともお伝えし、はや1年。

そこで、今回のご連絡は、この特別措置を終了するお知らせです。

【重要】

期限:2021年1月末日をもちまして、現在 qmail でメール運用されている既存サーバーにつきましても qmail に関する部分のみを、サポート範囲外とさせていただきます。

それまでに qmail の運用から、postfix への移行を強くお勧めいたします。(強制するものではありませんが、メールの部分でのトラブルがあっても調査、障害対応を受けられなくなります)

そこで、postfix への特別移行プログラムをご用意しました。

■ 特別移行プログラム

通常、postfix/postfixadmin を初期設定する場合に当サービスでは以下の処理を行うため以下の料金になります。

・メールサーバー初期設定 1,000円
・バーチャルメールPostfixAdmin 追加 2,000円
・ドメインお引越し定型処理 2,000円 x ドメイン数
(自サーバー内のメールアドレスのみ移転と同じ処理)

これらの処理を、2021年1月末日までの間、既存の qmail運用ユーザー様限定の特別移行プログラムとして

全作業込み 3,000円/1サーバー

でお引き受けいたします。
(メールのお引越し作業が無料になります)

★条件として、パスワードが以下に見合うことが必要です。
──────────────────────────────────
現在 qmail/vpopmail で設定されているドメインの postmaster および全てのメールのパスワードが 6文字以上で、そのうちアルファベットが少なくとも3文字以上、かつ _ アンダーバー以外の記号文字が使われていないこと。
──────────────────────────────────

記号とは !”#$%&'()=~|`@{}[]+*;:,./\<>? などです。

ですので、
もしご依頼の際には現在運用中の postmaster およびメールアドレスのパスワードを条件に合うよう修正してからご依頼ください。

★ご注意事項として、
・メールシステム移行中はメールが送受信できません。
(概ね1~2時間)
・移行作業前にサーバーのメールボックスにあるメールはなくなります。
(直前にPOP受信してしまってください)
・MySQLのレプリケーションを利用している場合はメールドレスも MySQLのレプリケーションの影響を受けで同期されます。

お申し込み期限:2021年1月20日まで
対象は、当サービス保守契約中の qmail運用ユーザー様です。

■ 保守契約外のお客様のスポット作業料金

上記はあくまでも当サービスの当サービスの保守契約ユーザー様料金ですが、これをスポット作業(保守契約せずこのときだけのピンポイントでの作業依頼)として請け負う場合は以下の料金になります。

・サーバー内調査費用 1,000円(作業が出来るか出来ないかの判断費用)
・メールサーバー初期設定 1,000円
・バーチャルメールPostfixAdmin 追加 2,000円
・ドメインお引越し定型処理 2,000円 x ドメイン数
(自サーバー内のメールアドレスのみ移転と同じ処理)

※サーバー内調査費用は作業を請け負えないとわかった場合でも頂くことになります。
※サーバー内調査では yum コマンドを使用しリポジトリにアクセスします。
※SSH接続ができて、完全な root権限(root になれること)が必要です。

qmail サポート対象外とします

今年から qmail をサポート対象外とします。

■ qmailとは

qmail とは、ライフサイクルを終えた旧式のメールサーバーです。
1998年に本家が開発サポートを終了しており、その後は有志によってのみ追加機能パッチなどが細々と出ておりましたが、さすがに昨今の時流には対応できていない過去の遺物になっています。
新しい驚異には対応できずセキュリティホール等の修正パッチもリリースされないため、特別な事情がない限り qmail は避けるべきです。

■ qmail の保守・障害対応について

2019年1月末をもって、当サービスでは保守・障害対応をしないこといたしました。
しかしながらどうしてもという事情がある方のために環境構築だけは特別料金で請け負う形を残しておきました。

・qmail/vpopmail/qmailadmin 構築

(メールサーバーをqmailにしバーチャルメール環境を追加します。ただしアフター保守・障害対応の対象外)
費用についてはこちらの料金表を参照ください。

お申し込みからの作業の流れ

注目

サーバー初期構築/各種設定/サーバーマネージメント(保守契約)に関して
お客様のお申し込みからの作業の流れは以下のとおりです。

(1)お申込みページからお申し込み頂きますと、まず控えのメールが自動送付されます。

(2)次にこちらから「環境確認から作業開始までの流れ」というメールが送られます。

お送りしたメールにはお客様のサーバー情報をご記入頂くフォーマットがあります。
ご記入頂く情報は以下の項目です。

・対象サーバーIPアドレス:
・接続用アカウント(ユーザー名):
・接続用アカウントパスワード:
・root パスワード:
・SSHポート番号:

※ユーザー名は、SSHユーザー名あるいはFTPユーザー名です。
※お送りしたメールに指定のフォーマットでご返信を頂きます。

(3)お客様のサーバー情報をお送り頂きますと、ログインして環境チェックをいたします。

これはお申し込みの作業が可能かどうかを判断する重要な作業になります。
特殊な環境になっている場合やインストール済みのミドルウェアバージョン等によって、稀にご依頼の作業ができないような環境もあります。それを判断するものです。
これはお申し込みから30分程度で完了することが多く、大抵1時間以内です。

(4)環境チェックで問題のない場合、ご請求書メールをお送りいたします。

ここで初めてお申し込み確定・ご成約となり、費用のお支払いへと進みます。

(5)ご請求書メールが届きましたら費用をお支払い(指定口座へお振り込み)頂きます。

(6)費用の着金を確認いたしまして、お申し込みの作業開始となります。

作業は数時間(1時間~半日)で完了することが多く、大抵1日以内です。

ご利用条件はこちら

サーバー設定・サーバー管理のご利用条件

 

サーバー設定・サーバー管理のご利用条件

注目

サーバー初期構築/各種設定/サーバーマネージメント(保守契約)に関して
当サービスのご利用条件は以下のとおりです。

・対象OS: CentOS 6(RHEL6系)/ CentOS 7(RHEL7系)
・インターネット経由でSSH接続が可能であること
・root権限あり(SSHでログイン後 root で作業ができること)
・Parallels Panel, Plesk, cPanel がインストールされていないこと

特に、インターネット経由でSSH接続が可能であることは重要です。
これは、OSインストールとネットワークの初期設定は請け負っていないことを意味します。

当サービスがサーバー初期構築/各種設定として想定しているのは、専用サーバーあるいはVPSあるいはクラウドのインスタンス生成後、Webサーバーとして機能するためのミドルウェア(Apache、MySQL、メール関連やFTP機能等)の設定がされていない状態からそれを初期設定していく作業の代行です。
サービス一覧はこちら
サーバー初期構築/各種設定のページ

また、当サービスがサーバーマネージメント(保守契約)として想定しているのは、サーバーをクリーンに保つための日々の目立たない地味な管理作業(各種サービスが正常稼働しているか、問題はないかのリアルタイム状態監視と不具合発生時の即対応)および、ユーザー作成、Webサイトのバーチャルドメイン設定(サイト開設時の初期設定)、メールのバーチャルドメイン設定、MySQLデータベース作業等々諸々の作業代行です。
サービス一覧はこちら
サーバーマネージメント(保守契約)のページ
 ◎フルマネージメントの作業代行サポート範囲参照

お申し込み方法はこちら

お申し込みからの作業の流れ

 

BINDの複数の脆弱性対策 (CVE-2017-3136他)

先日明らかにされたセキュリティアラート: CVE-2017-3136/3137/3138
ISC BIND に複数のサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

対策実施について

原文はこちら
CVE-2017-3136(英文)
https://kb.isc.org/article/AA-01465
CVE-2017-3137(英文)
https://kb.isc.org/article/AA-01466
CVE-2017-3138(英文)
https://kb.isc.org/article/AA-01471

JVNVU#97322649
ISC BIND に複数のサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
http://jvn.jp/vu/JVNVU97322649/index.html

本件の問題点と対策は以下の通りです。

続きを読む

GoogleのGmailのIPv6逆引き判定が迷惑な問題

前に、SPFレコードでドメインの正当性を判定する方法が逆にスパムを増長させる問題について書きましたが、今回はさらに突っ込んでGoogleのGmailの厳しい判定が迷惑な問題について書きます。

参考)

一括送信ガイドライン – Gmail ヘルプ
https://support.google.com/mail/answer/81126

Googleだけに限ったことではないですが、Gmailはシェアが多いのでトラブルが目立ちます。

トラブルというのは【Gmailに送ると届かない】という問題です。
これはGmailが、迷惑メール対策として判定が厳しいためです。

Googleは最近、自分たちのガイドラインに【何が何でも従わせる】という強引なやり方をするようになりました。
事実、Googleのガイドラインに従わないメールはリジェクト(受信拒否)されるトラブルが多く、最近 Gmail / G Suite(旧 Google Apps)のメールに関して問い合わせが多いです。
仕事の取引先からの必要なメールでもGoogleのガイドラインに反していると届きません。
迷惑メールフォルダに振り分けられるならまだしも、勝手にリジェクトされて気付かないままになります。

続きを読む

SPFで迷惑メール判定が逆にスパムを増長させる問題

SPFレコードでドメインの正当性を判定する方法が逆にスパムを増長させる問題について書きます。

#SPFレコードとは送信ドメインを認証の一種で、詳しくはネットで調べてください。
#独自ドメインを持っている人はSPFを知らずに済ますことはできません。
(特にGoogleのせいで知らないでは済まなくなってしまいました)

参考)

SPF(Sender Policy Framework): 迷惑メール撲滅委員会
http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/admin/tech/explanation/spf/

SPF レコードについて – G Suite 管理者 ヘルプ
https://support.google.com/a/answer/33786?hl=ja

一括送信によるメール返送 – G Suite 管理者 ヘルプ
https://support.google.com/a/answer/168383

Googleだけに限ったことではないですが、メールをサービスするプロバイダの傾向として、SPFレコードの設定を(なにがなんでもやれと)強制するような動きがここ数年で強まっています。

続きを読む

fail2ban で不正アクセスをブロック

サーバーを運営していて気を付けることに、不正アクセスがあります。
特にパスワードクラッキングされてスパムメール送信の踏み台にされないこと。

自分のサーバーがいつの間にかスパムメール送信していたら大変です。
レンタルサーバー会社に通報あるいはスパムサーバーとしてブラックリストに登録されるかもしれません。

fail2ban は、不正アクセスと判定したら、一定時間アクセスをブロック(遮断)します。

■ fail2ban インストール

yum install fail2ban

続きを読む

Apache で大量アクセスが来たとき負荷を上げない設定

Apache で同時接続数の設定(2.2 では MaxClients、2.4 では MaxRequestWorkers)より大量アクセスが来たとき負荷を上げないためのちょっとした工夫について書きます。

MaxClients をいくら下げてもサーバー負荷が下がらないじゃないか!とお困りの諸氏に …

それはとても簡単で、ListenBacklog を少なめ(例えば 1 とか)に設定します。

Apache のマニュアルには、こう書かれていますが・・・
———-
ListenBacklog
保留状態のコネクションのキューの最大長です。 一般的には調整する必要はありませんし、調整は望ましくありません。 しかし、TCP SYN フラッドアタックの状況下におかれる場合に、 増やした方が望ましいシステムもあります。 listen(2) システムコールのバックログパラメータを ご覧下さい。
———-
これを読むと、ListenBacklog は調整不要、するとしても大きくする方向で、と思ってしまいますよね。
でも違います。逆です。
続きを読む

ミドルウェアのバージョン指定がない場合のデフォルト

2017年2月より CentOS 7系のサポート開始をいたします。

以下のサービスカテゴリに対象OSを追加しました。
サーバー初期構築/各種設定
サーバーマネージメント(保守契約)

(2019年9月現在)
特にミドルウェアのバージョン指定がない場合、
CentOS 6 では Apache 2.2 / PHP5.6 / MySQL 5.6 をインストールします。
CentOS 7 では Apache 2.4 / PHP5.6 / MySQL 5.6 をインストールします。

カスタムサーバー初期設定にてミドルウェアはバージョン指定が可能です。
CentOS 6 にも Apache 2.4 をインストール可能です。
CentOS 6/7 とも PHP 7 をインストール可能です。
Apache 2.4 では メモリモデル Worker/Event で動かすことが可能です。
その場合、PHP は ZTSモードでマルチスレッド対応の動作が可能です。
PHP のマルチスレッド対応としては php-fpm をインストールすることも可能です。

データベースに関しては MySQL だけでなく、PostgreSQLは 9.2 ~ 9.5 がインストール可能です。